トップ > 実施事業の紹介 > 環境保全型農業の推進

環境保全型農業の推進

東京都エコ農産物認証制度

 土づくりの技術を導入するとともに、東京都の慣行使用基準から化学合成農薬と化学合成肥料を削減して生産される農産物を東京都が認証する制度です。

  → 詳しくは農林水産部のホームページをご確認ください。 

エコファーマー認定制度

 「エコファーマー」とは、「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づき、堆肥等を使った土づくりと化学肥料・化学農薬の使用の低減を一体的に行う農業者の愛称です。
 環境保全型農業に取り組む農業者を支援するため、持続性の高い生産方式を導入する計画を立てた農業者を、知事がエコファーマーとして認定します。
 「※都では、平成26年4月よりエコファーマーのマークが使用できなくなりました。」

 → 詳しくは農林水産部のホームページをご確認ください。

環境保全型農業の普及・拡大

 東京都エコ農産物認証や有機農産物の生産に取組んでいる生産者への支援、生産者と消費者との相互理解の促進、及び東京都エコ農産物や有機農産物の流通促進を図るため、環境保全型農業フォーラムを開催します。
・環境保全型農業フォーラム → 平成27年度