トップ > 農業振興事務所の概要 > 生産振興担当 > 獣害防止対策事業

農作物被害状況と被害防止対策

◇獣害対策の背景
 
獣害1最近、多摩地域の中山間地では、サル、イノシシ等の野生動物による農作物被害が問題となっており、この問題は、地域の経済的損失ばかりでなく、農家の営農意欲を奪い、耕作放棄地の発生の一因にもなっています。

 このため、東京都では、様々な被害防止対策を行なってきました。サル、シカについては一定の効果があがってきましたが、対策には継続的な取り組みが重要なことに加え、市街化地域内の農地でのハクビシンやアライグマなど獣害も問題となっています。一方、こうした野生動物は自然生態系の構成要素でもあり、その存在は都民の貴重な財産ともなっています。

 このような中、野生動物との共生を目指すため、農林業従事者や、野生動物の生態に精通した専門家等の協力を得ながら獣害対策を推進しています。


◇被害状況
 
野生鳥獣による農作物被害は昭和40年代頃から発生していま すが、昭和50年代後半からその被害件数が多くなるとともに、発生地域も広がってきました。零細な農林業従事者の多い地域では、人々の生活に大きな影響を もたらし、更に水源林への被害の拡大など、深刻な問題となっています。被害状況の推移は次の図とおりです。

          図1-1 野生獣による農産物被害面積及び被害金額

 

           図1-2 主な野生獣による農産物被害金額(多摩地域)


◇野生獣動物による食害

獣害作物1 獣害作物2


◇被害防止対策
 
都では、野生獣による農林業被害を防止するため、平成9年度から様々な対策を実施してきました。電気柵、防止ネット、トウガラシ爆弾、音声防除機器、忌避材噴霧装置及び警戒システムなどです。現在は、電気柵と警戒システムとの併用が一番効果があるといわれています。

(警戒システム:群れサルに発信器を付けて放し、受信機で行動域の情報収集をすることにより、群れの動きを把握し、群サルの追い払いを実施するもの。広域的かつ未然に農作物被害を防ぐことができる。)

◇電気柵設置状況

獣害対策1 獣害対策2

◇被害を効果的に防止するポイント
 
電気柵や警戒システムは有効な手段ですが、持続的に被害を防止していくためには、地道に被害発生原因を除いていくことが求められています。このためには、農林従事者のみならず広く都民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

◇餌付けは絶対にしない
 近年の獣害対策では、野生動物の手の届くところに放置された農産物は全てが餌付けになると考えます。収穫しない柿や柚子、畑で収穫されないままの野菜類、野良生えのイモ類や野菜類など、全てが野生動物を増やすエネルギー源になっている=餌付けと考えて、庭木や畑の作付けも見直しましょう。
 
◇誘引しない
 実が落ちて放置したクリ、高い位置に取り残したカキ、森の中に放置したシイタケなどは、知らず知らずのうちに野生動物を畑に引き寄せています。取り残さずに収穫することが、被害防止につながります。
 また、畑周辺の高い木は、せっかく立てた侵入防止柵の内側に飛び込むための誘導路になってしまいます。樹高の管理にも気を付けてください。

◇裏山の見通しをよくする
 畑周辺にツルや草が繁茂していると、野生動物はそこを伝って畑に忍び寄ってきます。草刈をして、見通しを確保して、接近ルートを絶ちましょう。
 
 ◇追い払い、見張り
 サルが畑に出てきたらすみやかに追い払いましょう。一旦、林内に下がってもしばらくの間は見張りをしましょう。作物がない時期も、畑や人家近くは危険地帯であることをサルに学習させるため、人家周辺に出たら追い払うようにしましょう。
 
◇残飯、野菜くずを放置しない
 キャンプ場で観光客が放置した残飯だけでなく、農家の人達が畑の周辺に捨てた野菜くずも、野生動物を里へ誘引してしまいますので、片付けましょう。

◇奥山の生息環境改善
 人と野生動物が住み分けをするためには、野生動物の生息場所の確保も必要です。森の植物や、昆虫を多様に保つことは、被害防止策でもあるのです。

 

第4次東京都獣害対策基本計画(PDF)

◇関係ホームページ
 農林水産省ホームページ(鳥獣被害対策コーナー)

 環境局ホームページ(自然環境情報)

 

◇終わりに

獣害2野生動物が存在しているということは、それだけすばらしい自然があるということを意味しています。同じ自 然界の一員として人間と野生動物がよりよい関係を結ぶためには、上に述べたような被害対策が必要です。野生動物と人間との共生を目指して、地域全体で知恵と技術を出し合っていくことが今、求められています。